販売用Tシャツを作ってみた話(BASE編)

こんばんは、日々iOSアプリ開発のためアイコンの自作と格闘中の細野です。

最近ではデザインさえできれば、制作費もかからずも在庫も持たすにTシャツを販売できるらしいと聞いて、「そういえばアプリやLINEスタンプを作った時のキャラクターデザインがあるじゃないか。これをTシャツにしたらどうだろう?」と思い立ちました。
というわけで、ちょっと調べてみると、BASE という物販サービスに Tシャツ作成アプリ というのがあるらしい。
BASEってヨメが物販に使えそうだと言ってたやつだね。ふむふむ。
天下の ユニクロ さんも UTme というサービスを展開してて、自分でデザインしたTシャツを買えるだけでなく、登録して販売もできるらしい。
でも、世の中には以前からTシャツ作成(印刷)サービスというのがあって、1枚数百円程度から作ってくれるけどどう違うの?
というわけで BASETシャツ作成アプリUTme を試してみました。
データの作り方など微妙にちがうのでまとめてみます。

まずはBASE。

1.準備

iPhoneに BASE Creator というアプリをインストール。
(IDの作成などは省略しますが本家ページを参照してくださいね)
ログインして、メニューからBASE Appsを選び、Tシャツ作成アプリを追加しようとしたけど、見当たらない
ヘルプからTシャツ作成アプリを見つけてインストールしようとしてもBASE Appsページが表示されるだけで
Tシャツ作成アプリはやっぱり見つからない。????
仕方ないのでMacからウェブサイトにアクセスしてログインしてみる。
こちらの画面ではちゃんとTシャツ作成アプリが表示されたので、選択して追加。
やっと準備完了。
(まあ、どうせデータはMacにあるのでこちらの方が便利だし、今後はこちらを使用することにする)

2.作成

アプリを起動すると一覧画面になるので左側のメニューから「新規作成」を選択。

新規作成画面では真っ白なTシャツに赤ワクで画像を入れる場所が表示されています。(ここに絵を入れるのね)

下にスクロールすると画像アップロードボタンがあるので、これを押してMac内の画像を選択。
選択した画像が上のTシャツに表示されるので、大きさや位置を調整します。
画像は縦か横が1000ピクセル以上かつファイルサイズが8MB以下のPNGまたはJPEGという条件のようです。

次にTシャツの色を選びます。
「型」はTシャツしか選べないので、「色」を選びます。約40色ほどから選べます。
インクジェットでの印刷の都合でベースの色の上に印刷されるので、色は注意が必要。
この画面で表示されている色は画像そのものの色ですが、実際にはベースの色が重なるので異なった色になるようです。
あとで商品画面になると思ったような色になっていないので あわてて削除したけど、何回でも削除登録できるのでそこは安心して試せます。
まあ、ホワイトか薄めの色にしておくのが良さそう。
そして「作成する」ボタンを押します。

3.仕上げ(販売)

Tシャツのデザインはできましたが、まだ売り物にはなってません。もう一息。
一覧画面から「ショップに並べる」を押します。

商品名、売価、商品説明を入力したら、一番下までスクロール。公開状態を「公開中」にして、「保存する」を押せば完了です。
原価はTシャツの色で多少変動するようですが、送料込みで2,052からです。  
原価を考慮して販売価格を決めましょう。  
注文が入ったら、制作を発注すると送付までやってくれるようです。  
受注生産になるので発送まで5日ほど、到着までは土日等をはさんで最大14日かかるので、その旨説明に追加しておきましょう。

BASEのまとめ

  • Tシャツ作成アプリはWeb画面から(iOSアプリではできない)
  • 画像は縦か横が1000ピクセル以上かつファイルサイズが8MB以下のPNGまたはJPEG
  • 背景を透過させたいときは「白」にする(PNGの透過色は使えない)
  • ホワイト地以外の色のシャツを選んだ場合は、画像の色と重なって色が変わるのでに注意
  • 原価は送料込みで\2,052から

というわけで、こんな感じにTシャツ売り場ができました。
気に入ったら一枚買ってみてください。

よろしくお願いします。

自分でもTシャツ作りたくなった?
それならこんな本も参考になるかも。

Share this page on FacebooktwittermailFacebooktwittermailby featherFollow me by FacebooktwitterFacebooktwitterby feather